ヤフオク・メルカリ出品者がトラブルを回避する方法と注意点

メルカリ、ヤフオク

ヤフオク・メルカリなどで出品を考えているときに気になるのが、購入者とトラブルにならないかという点です。

一部の悪い利用者のクレームのような難くせをつけてくる人もいると思いますが、その時は運が悪かったくらいの気持ちで大丈夫です

ほとんどの場合は、出品時に気を付けていれば避けられるものばかりですので、安心してください!

スポンサーリンク

出品時に気を付けること

商品の写真の注意点

出品するときは傷や壊れている部分をできるだけはっきりと撮影しましょう

商品単体だけでなく、付属品などある場合はすべて写真にとるようにしましょう。

付属品が欠品している場合は必ず商品説明に記載するように心がけてください。

この時に出品者であるあなたにとっては特に必要ないものでも購入を検討している人にとっては重要な付属品である場合がありますので注意が必要です。

例)CDの帯、漫画に挟んである冊子など

この時に【写真に写っている付属品がすべてになりますので確認をよろしくお願いします。】と記載しておくと、あとあとトラブルにならずにすみます。

例)乃木坂46 ライブブルーレイBOX

外箱の角に小さな傷があります

付属品は生写真が欠品しています(写真に写っている付属品がすべてになりますので確認をよろしくお願いします。)

発送する前に荷物の写真を撮っておく

相手の住所が書かれている面を写真に撮っておきましょう。

追跡番号がある場合は大丈夫ですが、普通郵便(定形・定形外郵便)やゆうメールなどの場合、

切手が貼ってある状態で写真を撮るようにしましょう。

購入者に送ってないと疑いを向けられたときに対応するためです

(取引が無事に完了しましたら個人情報のため必ず写真を消すようにしてください)

追跡番号がわかる配送方法を優先的に選ぶ

宅急便、レターパック、クリックポストなど追跡番号がわかる発送方法を選択することで、

商品が届かないというトラブルが起きる可能性を減らすことができます

300円なでの価格の安いものでしたら普通郵便(定形・定形外郵便)を選ぶと思いますが、

高価な出品物の場合はどれだけ小さなものであっても必ず追跡番号がわかる配送方法を選んでください

受取評価してもらえない

商品を発送してしばらくたっても受取評価をしてもらえないときが、出品をしていると結構あると思います。

まず最初に取引メッセージで相手に届いているかの確認をしましょう。

この時に、できるだけ優しい口調で連絡するように心がけましょう。

すぐに受取評価をしてほしい気持ちはわかりますが、強い口調で早く受取評価しろなど相手にメッセージを送ってはいけません。

受取評価をしてもらったとしても普通評価、最悪の場合悪いの評価をつけられてしまうことがありますので注意が必要です

もし、相手に連絡をしても無視された場合は、日数が経過するとメルカリ事務局から相手に受取評価をするような連絡がされます。

その連絡を期間内に無視すると自動的に売り上げ金が入ってくるので安心していただいて大丈夫です

(これだけ連絡をしても無視してくる購入者とは二度と購入できないようにブロックしておくようにしましょう)

スポンサーリンク

まとめ

出品をしていてのトラブルは、振り返ってみると出品者側が気を付けていれば回避できていたことがほとんどでした。

もし、これから出品に挑戦してみようと思っている方の役に少しでも参考になればうれしいです

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント