乃木坂46ライブで盛り上がるおすすめコール曲10選

アイドル

今回は、乃木坂のライブを初めて見る人・最近乃木坂に興味がある人にとりあえず知っていれば盛り上がる曲を

10曲教えたいと思います

 

盛り上がる曲10曲

スポンサーリンク

ガールズルール

2013年に発売された乃木坂46、6曲目の表題曲で白石麻衣が初のセンターになったライブでは定番中の定番の曲です

楽曲解禁当時は、AKBっぽいとかSKEっぽいと批判の声が多かった曲ですが、今ではライブで一番盛り上がる曲といってもいいのではないでしょうか?

まいやんの『騒わげぇ~』を聞くためにライブに参加する人もいるとかいないとか

スポンサーリンク

ハウス

2012年に発売された2枚目シングル『おいでシャンプー』のカップリング曲です

ライブでは、アンコールで歌われることが多い定番曲です

スポンサーリンク

ダンケシェーン

2014年に発売された8枚目シングル『気づいたら片想い』のカップリング曲で、通常盤に収録されています

生田絵梨花、生駒里奈、桜井玲香、西野七瀬、深川麻衣、松村沙友理、若月佑美、堀未央奈によるユニット曲です

センターである、生田絵梨花ちゃんがドイツ生まれであることがきっかけで作られたと言われているこの曲

ダンケシェーンはドイツ語でどうもありがとうの意味です

この曲は乃木坂では珍しくメンバー自身が合いの手を考えレクチャー動画もあるためファンも一緒に盛り上がることができる一曲となっています

歌詞の『今までありがとう』の部分では乃木坂への感謝を伝える瞬間ですので会場全体が『あーりがとーおー』と大声で叫んでください

そして曲が終わるタイミングで、生田絵梨花ちゃんがラララ~と歌い終わったあとに、若月佑美ちゃんが『やっぱ乃木坂だな』というので、『だなー!』と大声で叫ぶのが定番だったのですが、若月佑美ちゃんが卒業してしまったため、どのメンバーがこの部分を担当するのかも楽しみましょう

 

スポンサーリンク

ロマンスのスタート

2014年に発売された8枚目シングル『気づいたら片想い』に収録されたカップリング曲です

ファンの間では『ロマスタ』と略されることが多いです

乃木坂の中でもかなりポップな曲調でライブ終盤で歌われることが多い曲です

曲の途中ではじ・めてのところでコールすることに集中しましょう

スポンサーリンク

裸足でsummer

2016年に発売された15枚目シングルの表題曲です

齋藤飛鳥ちゃんが初めて表題曲のセンターを務めた曲です

この曲は、曲中に何度も【ヘイ】という言葉が出てくるため掛け声と一緒にタオルを頭上に掲げるというのが特徴です

会場全体の盛り上がりは乃木坂の夏を印象付ける曲となる1曲です

スポンサーリンク

三番目の風

2017年に発売された17枚目シングル【インフルエンサー】のカップリング曲です

タイトル通り3期生による楽曲です。深川麻衣、橋本奈々未といった人気メンバーの卒業が続いていた乃木坂46の次世代を担っていくメンバーたちの力強さが伝わってくる楽曲となっています

特に3番目の~風になろうという歌詞のところ【ヘイ】と会場全体がコールするときに3期生の勢いをすごく感じると思います。

スポンサーリンク

ロマンティックいか焼き

2013年に発売された5枚目シングル【君の名は希望】のカップリング曲です

Aメロ、Bメロでセリフっぽいコールが特徴的な楽曲です

スポンサーリンク

転がった鐘を鳴らせ

に発売された10枚目シングル【何度目の青空か】に収録されているカップリング曲です

早いテンポとロック調のメロディーで会場全体のテンションが一気に上がる曲でライブ終盤で披露されることが多い曲です

メンバーの煽りも多く乃木坂特有のわちゃわちゃ感をすごく感じることができます

スポンサーリンク

制服のマネキン

2012年に発売された4枚目シングルの表題曲です。

乃木坂の代表曲といえばこの曲という人も多いでしょう

この曲は、ライブ毎に凝った演出を毎回していてイントロでメンバーが一人ずつダンスをするパートがあり盛り上がる曲です

スポンサーリンク

あらかじめ語られるロマンス

この曲は星座をモチーフにした曲で、アリエス~トーラス~と星座を一緒に歌うのが楽しめますし、盛り上がるだけでなく振り付け自体もとてもかわいい曲です

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

独断と偏見で選びましたが、少しでも乃木坂のライブを楽しんでくれる人が増えてくれたらうれしいです

 

 

コメント